EPC(設計・調達・建設)

EPCについて

発電事業者様の太陽光発電所運営計画に基づいて、設計から資材調達、
そして架台設置、モジュールや周辺機器の設置、電力会社との系統連系まで
トータルにサポートします。

EPCとは建物や工場、発電所などの建設に関する設計(engineering)、調達(procurement)、施工(construction)を含む、建設プロジェクトを指しています。

設 計

豊富な施工実績をもとに、お客様のニーズに合わせたシステム設計を行います。

設計立地や予算など、お客様の様々な条件に応じた最適なシステムを設計、ご提案します。 また、当社では過去の実績に基づく独自のデータをもとに、より正確な発電シミュレーションを行います。 その他、助成金制度の利用や、各種リスクを見込んだ事業計画、土地や金融機関とのマッチングなど、一つ一つの議題をお客様と共に解決します。 発電シミュレーションに合った発電量の確保、長期にわたり安定運用できる発電設備を構築するには、太陽電池モジュールやパワーコンディショナの選定はもちろん、耐久性に優れたパネル設置架台や、架台を設置しようとする場所の地盤調査、システムを保守管理(メンテンス)できる太陽電池アレイの配置や発電監視システム(モニタリング)の選定など、売電事業計画時に検討すべき事項は多岐にわたります。弊社では、豊富な施工実績や経験をもとに、発電事業者様が安心できる設備をご提案いたします。

調 達

太陽電池モジュール、パワコン、架台など、全ての資材について信頼できるものを取り揃え、
お客様のニーズに応えます。

調達ベンダーフリーを心掛け、太陽電池モジュール、パワーコンディショナ、受変電設備、架台、基礎など、性能・コストを詳細に検討し、お客様に最適なシステムを国内外から選定し、調達いたします。

施 工

これまで現場で培ってきたノウハウをもとに、お客様に安心して工事をお任せいただける
施工体制をお約束いたします。

施工太陽光発電設備を建設するための事業予定地や、その周辺の調査等、多岐にわたりお手伝いいたします。検討地域によっては、電力連系できる設備容量などの制限があるケースも多い為、経験豊富な弊社スタッフがしっかりとサポートいたします。
発電規模の大小に関わらず電力送電網へつなげる発電所であることを念頭におき、電力連系可否や設備容量など電力会社との協議や調整をいたします。